血中中性脂肪とは?数値が高い原因

血中中性脂肪とは?数値が高い原因

中性脂肪は全面的に悪者のように扱われていますが、実は人間にとって必要な脂肪分なのをご存知でしょうか。

 

なぜ必要かというと、体を動かすためのエネルギーになるから。エネルギーになるための脂肪は血液中に吸収されますが、他にも内臓を守ったり体温を保つために脂肪分は欠かせません。

 

ただし、エネルギーとして使い切れなかった脂肪が過剰になると、中性脂肪として蓄積され、健康を害する恐れがあるのです。

 

中性脂肪値とは

 

健康診断のときに計測される中性脂肪値とは、どのくらい食事から中性脂肪が入り込んでいるかという数値ではありません。すでに、エネルギーとして使いきれなかった脂肪が肝臓に貯えられ、それが再び血液中に流れた数値を指します。

 

正確な数値を知るためには、計測の前に食事やアルコールなどを摂取してはいけません。だから、健康診断の前には朝食をとらないようになどと言われるのです。

 

因みに、太っているから中性脂肪値が高い、痩せているから低いとは限らず、痩せているのに中性脂肪値が高いという人もいて要注意です。

 

なぜ中性脂肪値は高くなるのか

 

適度な量の中性脂肪は生きていくのに必要としても、過剰な中性脂肪は体のためによくありません。動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの原因になることもあり、健康に害を与える場合が多いのです。中性脂肪値が高まるのは、食生活に大きな原因があります。

 

脂っこいもの、糖度の高いフルーツ、甘いお菓子、ご飯やパン、麺類などの炭水化物、アルコールを際限なく飲み食いしていては、血中に中性脂肪があふれ出してしまうのも当然です。

 

また、運動不足や睡眠不足など、生活習慣に問題がある場合もあります。中性脂肪値が気になったら、まずは生活態度を見直してみましょう。