血中中性脂肪とコレステロールの違い

血中中性脂肪とコレステロールの違い

中性脂肪も、コレステロールも、脂肪という意味では同じ仲間です。どちらも体に必要な成分で、全くなくなっては生命活動が正常に行えなくなります。

 

しかし、中性脂肪とコレステロールには、決定的な違いもあります。ここでは、その違いについてお話しましょう。

 

中性脂肪とコレステロールとの比較

 

中性脂肪はエネルギー源となる脂肪分で、仮に食事で余分な脂肪分や糖分を取ってしまっても、肝臓内にいつか使うための脂肪として貯えられます。

 

ただし、長い期間に渡って脂肪がたまりっぱなしになってしまうと、肝臓などの働きに影響が出てきます。そのため、過剰な中性脂肪をためないように注意が促されているのです。

 

これに対して、コレステロールは細胞膜や筋肉、ホルモンなどの材料となり得る脂肪分です。直接的に体を動かすエネルギーになる中性脂肪と違って、体の器官を作るために必要な成分といったらいいでしょうか。栄養分を分解したり、消化をするための胆汁酸を作るためにも、コレステロールは欠かせません。

 

過剰になり過ぎると

 

中性脂肪とコレステロールの共通点は、どちらも過剰に増えてくると健康に害を及ぼすという点です。コレステロールには善玉と悪玉という言葉がありますが、これは本来なら双方のバランスがとれているのが望ましいところ、増えすぎて悪さをするコレステロールが悪玉と呼ばれている状態です。

 

血管にコレステロールが増えすぎると、善玉コレステロールの働きを阻害したり、中性脂肪を増長させ始めます。適度なバランスを保っていれば健康になれるのに、過剰になってくることが中性脂肪もコレステロールの悪さを際立たせる結果となってしまうのです。