血中中性脂肪の基準値はどれくらい?

血中中性脂肪の基準値はどれくらい?

血中中性脂肪値は、高くても低くても健康状態に悪い影響を与えます。

 

高ければ血液の流れや肝臓の働きを阻害する恐れがあり、低ければ体を動かすエネルギーが全身に運ばれないという事態になりかねないのです。

 

そこでここでは、血中中性脂肪の適正な数値を紹介しましょう。適正な数値の範囲を維持することによって、いつまでも元気な体で生活することができます。

 

血中中性脂肪の基準値

 

中性脂肪は血液によって運ばれるため、血液検査をすることによってその数値を計測できます。血中中性脂肪値は食事によっても一時的に高まるため、正確な数値を知るためには食事を一定時間抜いた状態で計測するのが適切です。

 

その基準値は、50mg/dlから149mg/dl。これより高くなければいいのではなく、この範囲の中で数値を維持することが大切です。因みに、血中中性脂肪値が150mg/dlを超えると、脂質異常症と診断される可能性があります。

 

基準値を保つためには

 

血中中性脂肪値は、食事や生活習慣に大きく左右されます。不規則な食事や栄養のとり方、運動不足、睡眠不足、喫煙、アルコール、ストレスなども、血中中性脂肪値を高めてしまう原因となり得ます。

 

お酒もタバコもたしなまないし、食事も規則正しくとっているという人でも、ストレスから中性脂肪をためこんでしまうこともあるのです。ストレスは現代では完全に避けることが難しいので、なるべくこまめに発散するような工夫をするようにしましょう。最近では便利なサプリメントなども出ていますから、利用を検討してみるのも一案です。