血中中性脂肪と動脈硬化の関係

血中中性脂肪と動脈硬化の関係

中性脂肪値が高まるとリスクが高まるのが、動脈硬化です。血管には動脈と静脈があり、動脈は心臓から押し出されるが流れる血管、静脈はその逆に体の各部位から心臓へと戻る血液を流す血管です。

 

年をとってくるに従って血管は柔軟性を失っていきますが、食事や生活習慣によって動脈が硬くなって傷つきやすく、血液がスムーズに流れにくくなることもあります。これが、動脈硬化というものです。

 

血液が流れにくい状態

 

血管が狭まってしまったり硬くなることで、血液が流れにくくなるのが動脈硬化の困ったところ。ただ、血管が硬くなっているか、血液が流れにくくなっているかどうかなど、検査をしない限りはわかりません。

 

そのため、動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれ、最悪の事態が生じるまで自覚症状なく進行してしまうのが心配されています。

 

コレステロールとの関係

 

中性脂肪の他にも、体には最低限必要ながら過剰になると健康に害をおよぼす脂肪にコレステロールがあります。コレステロールと中性脂肪の関係は深く、中性脂肪が増加してくると善玉コレステロールが減少して悪玉コレステロールが台頭してきます。

 

ここでいうコレステロールの善玉と悪玉とは、コレステロール価が適正か過剰かということです。適正な量のコレステロールは健康を守ってくれますが、過剰になると悪玉と呼ばれて悪さをするようになるのです。

 

通常ならコレステロールは血液中の余分な脂肪を取り除いてくれるのに、善玉コレステロールが減ってしまうことで動脈硬化が進行します。あらゆる脂肪のバランスが大事なのだということが、おわかりでしょうか。